審美歯科は、美しさを主軸に据えた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯の存在意義には物を噛み潰すなど機能的な側面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、両方とも健康に関わっている非常に大事な要素なのだ。

美容とは、顔の化粧、整髪、服飾などの方法でもって見た目を更にきれいに見せるために形づくることを指す。実は江戸時代には化粧(けわい)の同義語として使われていたらしい。

美白指向には、1990年代前半からあっという間に女子高校生などに拡大したガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする奇異なギャルファッションへの対抗的な意見が入っているのだ。

ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、体内のあちこちに澱のように蓄積された様々な毒素を体外に出させるという新しい概念の健康法で美容法というよりも代替医療に大別される。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。

浮腫む原因は多く考えられますが、気温など気候の影響も関係しているって知っていましたか。気温が上がりたくさん水を飲み、汗をかく、この季節にこそむくむ原因が潜んでいます。

日本の医療がQOL(生活の質)を重視する風潮にあり、物づくりに代表される日本経済の熟成と医療市場の急速な拡大もあって、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)はここ2~3年熱い視線を浴びている医療分野だと言われている。

そういう状況で大多数の皮膚科医が用いるのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬も併せて使うと6ヶ月ほどで快復に持ってこれる状況が多いとされている。

よく女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなって肌が美しくなり、痩身効果があり、デトックスすることができる、免疫力の増進など、リンパ液を流しさえすれば全てが思い通り!という楽天的なフレーズが軒を連ねている。

美容悩みを解決するには、一番初めに自分の臓器の調子を検査してみることが、美容悩みからの解放への近道だといえます。それなら、一体どんな方法で自分の内臓の状態が診断できるのでしょうか。

昼間なのに、いつもは浮腫まないはずの顔や手が浮腫んだ、十分寝ているのにも関わらず両脚の浮腫が取れない、などの場合は疾患が潜伏しているかもしれないので専門医による診察が必要だということを強く意識する必要があります。

それぞれ患者によって肌質は異なりますし、先天的な要素によるドライ肌なのか、生活習慣などによるドライスキンなのかというタイプに応じて治療法が大きく違ってきますので、十二分の注意を要します。

さらに日々の生活のストレスで、メンタルな部分にも毒は山のごとく積もっていき、同時に体調不良も誘発する。このような「心身ともに毒だらけ」という不安こそが、私たちをデトックスに駆り立てるのだろう。

例えるなら…今、パソコンを見つつ頬杖をついているのではありませんか?実はこの姿勢は手の平の圧力を思いっきり頬に伝えて、お肌に大きな負担をかけることになります。

仕事、終電帰りの飲み会、深夜に至るスポーツ中継・翌日の家族のお弁当作りや朝食の支度…。お肌が荒れるというのは承知していても、実のところしっかり睡眠を取れない方が多いでしょう。

どちらにしても乾燥肌が普段の生活や身辺の環境に深く関係しているというのなら、普段の身のまわりの慣習に気を配りさえすればだいぶ肌の問題は解消します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です