デトックスというワードは結局は代替医療や健康法の一種に過ぎないもので、医師による治療とはまったく違うということを知っている人は意外にも少ないらしい。

さらに、肌のたるみに大きく関わってくるのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情を生む顔に張り巡らされている筋肉のことです。真皮に含まれているコラーゲンと同様、表情筋の働きも年齢を重ねるに従い鈍くなります。

本来28日周期のターンオーバーが乱れると、ありとあらゆる肌の老化現象やトラブルを引き起こします。老けて見えるしわ・濃くなっていくシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインがぼやけるたるみ・目障りな吹き出物・突っ張るような乾燥など、まだまだ言い出したらキリがないくらいなのです。

本来、正常な皮ふの新陳代謝は4週間のサイクルになっていて、日々細胞が誕生し、日々刻々と取り去られています。このような「毎日の生まれ変わり」によって私たちのお肌は若々しい状態を保持しています。

乾燥による掻痒感の要因の大方は、歳を取ることに縁る角質層の細胞間脂質と皮脂の量の低減や、洗顔料などの過度使用に縁る皮ふの保護機能の低落によって露見します。

美容とは、化粧や結髪、服飾などの方法でもって容姿をより美しく装うために形作ることを指す言葉。古く江戸時代には化粧(けわい)と同じように使われていたという記録が残っている。

医療全般がQOL(生活の質)を大切に捉える流れにあり、市場経済の爛熟と医療市場の急速な拡大により、美意識に基づいた美容外科(Plastic Surgery)は現在最も注目されている医療分野だと言われている。

昼間、普段そんなにむくまない顔や手が酷く浮腫んだ、しっかり睡眠をとっても両脚のむくみが取れない、などは何か病気が原因かもしれないので内科医の治療を直ぐ受けなければなりません。

女性誌や美容の書籍には、小顔に美肌、ダイエット成功、デトックスできる、免疫力アップなど、リンパ液を流せば1好転する!という嬉しくなるような謳い文句が書かれている。

皮ふの細胞分裂を活性化させ、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは明るい時間帯の活動している時には出ず、夕食を済ませてゆったりと身体を休め寛いだ状態で出るためです。

昼間なのに普段あまり浮腫まない顔や手に浮腫が見られた、十分な睡眠時間を確保しても両脚のむくみが取れない、といった症状は疾患が潜んでいるかもしれないので医者の迅速な診察が必要になります。

貴方は、果たしてご自分の内臓は健康であるという根拠がどれだけあるでしょうか?“全然痩せない”“肌が荒れる”などの美容トラブルにも、実際は内臓がきちんと働いているかどうかが関係しています!

下まぶたに大きなたるみが出ると、男女関わりなく年齢より4~5歳は年上に見えます。皮ふのたるみは数あれど、その中でも下まぶたは特に目立つエリアです。

日本の美容外科の変遷の中で、美容外科が「由緒正しき医療」だとの認識と地位を手に入れるまでに、思ったよりも長い年月を要した。

残業、飲み会、深夜に至るスポーツ中継・翌日の子どものお弁当作りや朝食の準備…。皮膚が荒れるというのは知っていても、実際の生活では8時間もの睡眠時間を持てない方が多いのは明らかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です