レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、色素の濃いシミをスピーディに薄く見せるのに大変向いている治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑・赤く残ってしまったニキビ跡などに効果があります。

肌の新陳代謝が狂ってしまうと、ありとあらゆる肌のエイジング現象や肌トラブルが起こるようになります。目元などのシワ・濃くなっていくしみ・顔色の冴えないくすみ・目の下のくま・フェイスラインがぼやけるたるみ・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、挙げればキリがないくらいです。

健康的で美しい歯を保持するためには、歯の表面だけでなく歯間も丁寧に磨いてあげることが大切。歯磨き粉のキメ細やかな泡と毛先が柔らかめの歯ブラシで、ゆっくりお手入れをすることが理想です。

もともとお肌のターンオーバーは28日毎のサイクルで、毎日毎日新しい細胞が誕生し、一日毎に取り去られています。こうした「日々の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しさを保持し続けています。

硬直したままでは血行が良くありません。最終的には、下まぶたの部分を始め顔のあらゆる筋繊維の力が落ちてしまいます。そこで顔中の筋繊維もしっかりとストレッチをして、たまに緊張をほぐしてあげることが重要です。

下まぶたの弛みを解消する方法で効果が分かりやすいのは、顔のストレッチ体操です。顔面にある筋肉は気付かない内に硬直していたり、その時の感情に関係していることが頻繁にあります。

どこにも問題のない健康体にもみられる浮腫だが、これはごく自然なこと。ことに女性は、夕方の脹脛のむくみを防ぎたがるが、人ならば、下半身がむくんでしまうのはいたって自然な状態なので神経質にならなくてもよい。

思春期は過ぎているのにできる難治性の“大人のニキビ”の症例が徐々に増えている。もう10年間こういった大人のニキビに苦しみ続けている多くの人が医院を訪れている。

白く輝かしい歯を維持するためには、歯の裏側まで丁寧に磨いてあげる事を忘れないでください。クリーミィな泡立ちの歯ミガキ粉とソフトな電動歯ブラシなどで、ゆっくりとケアをすることが理想的です。

ネイルのケアは爪をより美しい状態にキープすることを目的にしている為、爪の変調を観察しておく事はネイルケアスキルの向上に役立つし無駄がないのだ。

肌の乾燥による掻痒感の要因のほとんどは、加齢に縁る角質の細胞間脂質と皮脂分泌の低減や、メイク落としなどの過度の洗浄による皮膚のブロック機能の破損によって現れます。

頭皮は顔面の皮膚と一続きになっているため、額もスカルプと同一とみなすのはさほど知られていません。年齢を重ねるにつれてスカルプがたるむと、顔面の弛みの原因になります。

ドライ肌とは、肌の角質の細胞間脂質と皮脂の量が通常のレベルよりも減少することで、肌(表皮)から水分が失われ、皮膚がパリパリに乾燥してしまう症状を示しているのです。

コラーゲンは、UV-A波やUV-B派などの紫外線を受けてしまったり何らかのダメージを何度も受けたり、日常生活のストレスが蓄積したりすることで、組織を破壊され、最終的には製造されにくくなっていきます。

特に夜間の口腔ケアは大切。歯の表面に蓄積されたくすみを除去するため、寝る前は丁寧に歯磨きをしましょう。しかし、歯みがきは回数の多さではないので、その質を向上させることが大事だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です