細胞が分裂する活動を活発にし、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは明るい時間の活動している時間帯にはほとんど分泌されなくて、日が暮れてからゆっくりと身体を休め穏やかな状態で出始めます。

美容外科とは、れっきとした外科学のジャンルで、医療としての形成外科(plastic surgery)とは別種のものである。また、整形外科学とも間違われがちだがこれも全く分野が違っている。

心臓から遠い位置にある下半身は、重力が関わってリンパ液の流通が滞留することが普通である。むしろ下半身に起こるむくみは、リンパがちょっと滞留していますよというサインの一種程度のものだと受け取ったほうがよい。

歯を美しく維持するには、奥歯の裏側まで念入りにブラッシングすることが大事です。キメ細やかな泡立ちの歯ミガキ粉と口あたりのソフトな電動歯ブラシなどで、ゆっくりと時間をかけたお手入れをするようにしましょう。

現代を生きている私たちは、一日毎に体の中に蓄積されていく恐怖の毒素を、たくさんのデトックス法を試して出し、なんとかして健康な体を手に入れようと皆努めている。

健康的な皮ふの新陳代謝は4週間のサイクルになっていて、何時も新しい細胞が生まれ、一日毎に剥がれているのです。この「日々の生まれ変わり」によって人の皮ふは若々しい状態を保ち続けています。

さらにもうひとつ、お肌のたるみに大きく関わってくるのが表情筋。いろんな表情を作り出す顔に張り巡らされている筋肉のことです。肌のコラーゲンと同じく、表情筋の働きも歳をとるにつれて鈍化してしまうのです。

メイクのメリット:メイク後は自分の顔を少し好きになれること。顔に点在するニキビ・クスミ・毛穴の開き・ソバカス・傷等を隠せる。ゆっくりと可愛くなっていく幸せ。

現代社会で生活している身としては、身体の中には人体に悪影響を与える化学物質が増加し、その上己の体内でも細胞を傷つけるフリーラジカルなどが次々と生まれていると言い伝えられているようだ。

身体に歪みが起こると、内臓がお互いを押し合うため、つられてその他の内臓も引っ張られてしまい、位置のズレ、変形、血液や組織液の生成、ホルモンの分泌等にもあまり良くない影響をもたらします。

肌の生成に欠かせないコラーゲンは、太陽からの紫外線に当たってしまったり様々な刺激を長期間に渡って受けてしまったり、心や体のストレスが少しずつ溜まっていくことで、失われ、更には作ることが困難になっていくのです。

ドライスキンというものは、肌の角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常のレベルよりも低落することで、皮ふにある水分が蒸発し、表面の角質層がカサカサに乾燥する症状を示しています。

何はともあれ乾燥肌が生活や周辺の環境に大きく関係しているのなら、日々の些細な慣習に配慮すれば大体のトラブルは解決するでしょう。

ドライスキンによる掻痒感の要因の殆どは、老化に縁る角質層の細胞間脂質と皮脂の減少や、固形石鹸などの過度の使用による皮ふのブロック機能の劣化によってもたらされます。

ついついPCやスマホのモニターに集中しすぎて、眉間にシワを寄せ、且つ口角を下げたへの字口(これを私は別称「富士山ぐち」と言うこともあります)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です